院内設備|衣笠の皮膚科ならすずらん皮膚科クリニック

院内設備

ターゲット型光線療法

image

エキシマランプ

当院ではJMEC製ヴイトラックを導入しています。
ヴイトラックは皮膚疾患を治療するための紫外線治療器です。光反応性皮膚疾患に有効な308nm±2nm(UVB)の光を発振します。尋常性白斑、掌蹠膿疱症、尋常性乾癬などが主な適応となります。
病変部のみへのターゲット照射を行うことにより健常部の余計な紫外線暴露を避けることができます。 また、これまでの全身型光線治療器では治療が困難であった手足、首などの尋常性白斑や掌蹠膿疱症、尋常性乾癬の患者さんで外から見える部分を集中的に治療したいときなどに有効です。健康保険で治療できます。

健康保険適応の主な症状

尋常性白斑、掌蹠膿疱症、尋常性乾癬

シミ、色素沈着に対するレーザー治療

image

Qスイッチルビーレーザー

当院ではJMEC製のThe Ruby Z1を導入しています。 ルビーレーザーは主にメラニン色素、黒、青、褐色調の病変に有効です。シミの治療に有効ですがシミにはいろいろな種類のしみがあります。
加齢に伴う老人性色素斑、女性ホルモンなどの影響による肝斑、日焼けなどに伴う光線花弁状色素斑、炎症後色素沈着、太田母斑、扁平母斑、異所性蒙古斑、色素性母斑、皮膚がんである悪性黒色腫、悪性黒子、基底細胞がんなどさまざまです。
治療効果のあるものから、効果のないもの、レーザーを行ってはならないものとさまざまです。
そのため皮膚科専門医による診断に基づいた治療が大切になります。
保険適応のあるもの、自費診療となるもの、外用治療や内服治療が有効な場合もあります。
まずはご相談ください。

ルビーレーザー自費診療の場合の目安

基本治療費5,000円+直径6mmの大きさにつき1,000円

ページトップへ戻る